FC2ブログ
2011.07.08

いざ行かん、宮城!

花火の子供達(花火っ子)をお譲りした時に、つかおさんからきつく言われた事は、
「新しいオーナーに託した時から、うちの子として扱ってはいけない」

重大な病気や死亡してしまった時は連絡をくださるようお願いしてあるが、
普段、その近況は年賀状を通して知る程度。なので、年賀状は楽しみの1つ。
花火っ子がいる近県に遠征した際は、連絡をして、会わせていただけることもある。
けれど、関東一円程度の大会にしか参加しなくなったので、関西方面はご無沙汰...

みんな立派になったろうな、誰と誰が似てるかなぁ、小さい頃と変わってないかな、
そういえば、あんなことがあったな...6年経った今でもしょっちゅう話題にのぼる。


開催が危ぶまれていた恒例の仙台のアジリティ競技会が開催されることに。
お気に入りの競技会の1つなので、もちろん参加!
毎回、土日の両日参加していたけれど、今回は土曜日だけに決めた。

日曜日は、れびまみとfumikoさんに会いに行こう!!

fumikoさんに会えると決まって、まず思いついたのはアルバム作り。
愛するビースベンの命が繋がっているのを見ていただき、慰めとなれば...。

つかおさんも、それはいいね!と賛成してくれたので、
さっそく花火っ子のオーナーさん達に手紙を書いた。

準備期間が短かったにもかかわらず、皆さんは快く協力してくださいました
続々と届く、写真やメッセージ。それはまさに宝箱を開ける感じ。


どぅわ~、まさに花火の子だよぉ!花火若かりし頃、懐かしい感じ!!
てんてんとクリソツゥ!双子だよ~~~(同胎だっつぅの...)
この耳の開き方、まさにDNA! この表情、おんなじぃ~っ!
あ~、りょ~さんとてん子を見てるみたいだね、同じことやってるっ
これは、可愛過ぎる!可愛い過ぎるやろぉ~♪


と、まあ、封を開けるたんびに、つかおさんと大盛り上がり
まさにDNAの神秘 きっと仕草とかも似てたりするんだろうなぁ...

fumikoさんに喜んでもらいたいという想いが伝わってくる写真ばかり。
ご家族一緒の写真は、表情もリラックスしていて普段の幸せぶりが伝わってくる。
写真を撮り慣れていないので上手く撮れるか...とおっしゃっていたオーナーさんも、
頑張って撮影してくださったようで、沢山の写真が送られてきた。
お陰で用意していたアルバムは小さ過ぎ、嬉しくも大きいのに買い替えた

内表紙にヒロ酒井さんに撮っていただいた生後3ヶ月の記念撮影写真。
最初の見開きに花火っ子達、呼称と血統書名を添え、おまけの壱と花火の写真で構成。

jr.アルバム

次から産まれた順番に、1頭につき見開き2ページずつ。
いただいた写真全部とメッセージを詰め込みレイアウトした。
どのページもそれぞれの可愛さが詰まった素敵なアルバムが完成...したと思う。

スポンサーサイト