--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.30

経過良好

迎えに行った時には、先に手術を終えた花火はほとんど麻酔から復活してました。
手術を終えたばかりのてんちゃんは、ぼへら~っとしていましたが、
普段から、まぁったり~なてん子なので、いつ醒めたのやら...今日はもちろん完全覚醒。

固いものは食べられませんが、口内以外、身体はいたって元気いっぱい。
昨日、頑張ったしね、遊びに行きましょう!!とC広場へ。

広場には、何が落ちているかわかりません。
拾い食いを見張りつつ歩くため、トライとレッドとにチーム分け。

まずは、おばちゃんと猫のトライチームで広場をぐるりと一周。
りょ~さんもサッカーボール蹴り蹴り、後ろからドリブル練習しながら
花火は無邪気に走り回り、てん子を1とすれば、1.3ぐらい走ったかな

次は、落ち着きない、エネルギー有り余ってるレッドチーム。
はい、サッカーボールは仕舞ってぇ...さすがにもう1周走る元気はないか
ぶい子は1.1、壱くんが1.6といったところでしょうか。
平坦な広場を歩くだけでは満足出来なかろうと、nunosbee(布製ディスク)で遊ぶ。
壱くん、結構、ダイレクトキャッチが上手になってきましたよ

い、犬の「い」

ただ、ディスクもどうしようかと、ちと思案中。
獣医さん的には、勧められないスポーツのようです。
固いディスクが...というよりは、無理な体勢でキャッチするのがよろしくないと。

ぶいちゃん、ヘンな体勢するもんなぁ...そこまでして、突っついて取り損なうし

歯への悪影響に限って言えば、ディスクの固さよりも、
ディスクに砂等が付着していることが問題みたいです。
異物をよく拭きとったり、めくれたりしたとこの修繕は必須です。


犬の歯は鋭い形状で、歯根が広がっていて、引きちぎる力が強いだけであって、
歯牙自体はエナメル質、象牙質、歯随など、人間の歯と同じようなものでできてます。
なので、簡単に割れるんです。

噛んでも大丈夫なものかどうか、試しに自分で噛んでみればいい。
人間が歯が割れちゃいそうだから噛めない~って思う物は、犬にもあげない。


なるほどね、確かに...と思いました。
ちなみに、ナイラで歯が欠けて来院するワンコは多いそうですよ。

高い勉強代だったわ...

我が家は窓が大きくって、冬はむっちゃ寒くて、結露もすんごいので、
エコポイントもあることだし、二重窓にしようかと見積もりをとったりしてました。
んで、今回、窓用に用意しといた諭吉達をごっそり持っていかれました
また来年も寒い冬を過ごさねばなりませぬ...

まぁ、窓用諭吉がいたんで、即手術をお願い出来たわけですけどね...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。